東京の高価な不動産がおすすめされる理由とは

image

不動産の価格が上昇している東京でおすすめの物件は、大型のマンションです。湾岸部などで建設が進むタワーマンションなどは多くの人気を集めていますし、中には抽選で当たらないと購入できない部屋もあるほどです。その人気の高さの理由は、充実した共有施設と便利なサービスにあります。大規模な建物であるスケールメリットを活かすことにより、建物内に住人だけが利用することができるさまざまな施設が用意されています。

また同じ敷地内にスーパーマーケットや医院などが併設されているものもあるので、わざわざ外に出歩くことなく日常生活に関する用事を済ませることが可能となります。

そのような大型マンションの中でもおすすめなのが、低層階の住戸です。まず販売価格が安いということと、不動産としての価値が落ちにくい点が理由となります。高層階は見晴らしの良さが人気となりますが、このような高層マンションは近場にも建てられやすいものです。

もし正面に眺望を遮るような建物が建設されたら、将来の売却における査定額もかなり落ちることになります。

その点、低層階の住戸は元々、そのような価値は求められていないので、正面に大型の建物が建設されるとしても影響は少ないものです。さらに、住みやすさの点においても低層階は有利です。まずエレベーターを待つ時間は高層階ほど長くないものです。

また、高層マンションの課題は耐久性ですが、高層階ほど壁を薄くするなどの工夫がされています。

逆に低層階は壁を厚くすることによって防音性にも優れたものとなります。ただし、同じ間取りであっても上層階より若干室内の有効面積は少なくなるので注意が必要となります。カタログの専有面積は壁芯で計算されているので、同じ間取りならば全て同じ面積で紹介されることになります。また、大型マンションの建設と共に周辺に商業施設なども併設されるように建設されるものは、将来の資産価値も高まる可能性があります。

東京の不動産での注意点 東京の不動産での注意点 東京の不動産での注意点

ブログパーツ

ブログパーツ